Lenders Coin とは?
Lenders Coin とは?

一般的な仮想通貨レンディングのデメリット

1:貸し倒れ率が高い
2:レンディング期間中は、資金(※3)が拘束される
3:レンディング期間中、仮想通貨の価格変動によるリスクを負い続ける

1

ユーザーはトークンを保有しているだけで、
レンディングに参加でき、利息(※4)を得られる。

2

レンディングは、プロによって
リスク分散されながら運用(※5)される。

3

レンディング先は信用の高い取引所や企業を
主とする為、貸し倒れリスクが非常に少ない。

4

投資期間の縛りがなく、レンディングへの
参加を終了したい場合は、いつでも取引所で
売買(※6)可能である(2018年取引所に上場予定)

Lenders Coinはレンディング事業で得られる利益の75%をトークン保有者に配当することにより、
トークン保有者に最大限の利益を還元します。Lenders Coin を通じて、誰でも簡単に、安心して
レンディングを用いた資産運用に取り組める環境を提供することが我々のミッションです。

配当について

・月に1度、ETHで配当をします。
・仮想通貨レンディングで得られた利益(※8)の75%を配当金として分配します。
・配当開始は2018年4月末日の予定になります。
・Lenders Coinは年間150%(※9)の仮想通貨レンディング
での運用を予定 しています。

トークンセール(ICO)詳細

Lenders Coin (シンボル:LEND)
・発行可能枚数 : 2億枚
・1 LEND = 0.001 ETH (イーサ)
・最少購入価格 : 0.1 ETH

トークンセール
トークンセールでの売り出しは 7500万枚
・第1次セールでは 4000万枚
・第2次セールでは 2000万枚
・第3次セールでは 1500万枚

ボーナス特典
購入時期が早いほど、より多くのトークンが上乗せされます
・第1次セール(はじめの10日間) ・・・ + 20% bonus
・第1次セール(11日目以降) ・・・ + 15% bonus
・第2次セール(全期間) ・・・ + 10% bonus
・第3次セール(全期間) ・・・ ボーナスなし

お問合わせはこちら ご不明点はお気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちら ご不明点はお気軽にお問合わせください。

お問い合わせ

※1「運用」とは、わかりやすい表現にしたもので、金融商品取引法上の「運用」には該当致しません。

※2「配当」とは、わかりやすい表現にしたもので、後述するとおり、トークン保有数に応じて行われます。そのため、金融商品取引法、 出資法上の配当には該当しません。もっとも、仮想通貨については、 確立された裁判例等による法解釈が行われておらず、今後、裁判例や法改正に よりご対応が変更される可能性があります。

※3「資金」とは、わかりやすい表現にしたもので、保有する仮想通貨そのもののことを指します。

※4「利息」とは、わかりやすい表現にしたもので、現時点での政府解釈では、仮想通貨は「金銭」に該当しないため、貸金業法及び利息制限法所定の「利息」には当てはまりません。もっとも、今後、民法の一般原則(民法90条公序良俗違反無効)に照らし仮想通貨間の利息について一定の制限が課される可能性があります。

※5上記※1のとおりです。

※6「売買」とは、取引所に上場することをもって、他の仮想通貨との交換が可能であることを指します。

※7「一任」とは、わかりやすい表現にしたもので、コインとコインによる取引のため、金融商品取引法上の「投資一任取引」には該当しません。今後法令の改正があったときには、ご対応に変更が生じる可能性がございます。

※8「利益」とは、わかりやすい表現にしたもので、仮想通貨から仮想通貨への交換を通じて増えた仮想通貨のことを指します。

※9「年間150%」とは、仮想通貨のレンディングにより得られる見込の仮想通貨のことを指し、実際の利益をお約束するものではありません。仮想通貨は、法定通貨(日本円や米ドル、中国人民元やユーロ等のいわゆる金銭)との交換価格が安定しておらず、予期せぬ暴落等で、お預かりした仮想通貨の当該時点の価値が下回る可能性があります。